富山市の税理士法人。法人税、相続税、所得税、消費税に対応。30代の若い税理士、ベテラン税理士と誠実なスタッフが対応します。

みなし相続財産と非課税範囲について

みなし相続財産と非課税範囲について

みなし相続財産として相続税の課税対象とされるものとして、生命保険金等と退職手当金等があります。

民法上の相続財産ではないのに、相続税の課税対象となるということで「みなし」と付いています。

みなし相続財産は相続税の課税対象ですが、法定相続人1人当たり500万円まで非課税とされます。
例えば、法定相続人が3人であれば、500万円×3人=1,500万円までが非課税となります。

相続税対策としては、生命保険金に関しては預金ではなく一時払い終身保険として財産を持っている方が非課税枠を活用できます。
法定相続人の数×500万円までの範囲は終身保険に加入することをおすすめしております。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional